ホイールの腐食の原因|タイヤ交換の費用を知ることで最適なプランで行うことができます
作業員

タイヤ交換の費用を知ることで最適なプランで行うことができます

  1. ホーム
  2. ホイールの腐食の原因

ホイールの腐食の原因

ホイール

アルミホイールは錆びないからといって選択する方がいますが、アルミホイールの場合でも鉄と同じように参加して腐食していくのです。アルミホイールの場合は白サビと言われる腐食になります。この腐食は、アルミの素材感を生かしたポリッシュホイールに多く見られる現象なのです。ミミズが這った後のような白い線状のような腐食が現れるのです。そのままにしているとどんどんそれ広がっていくのです。原因は、アルミホイールの表面にコーティングされているクリア塗装が剥げてしまうことが起きてしまうのです。飛び石などがホイールに当たることで塗装が剥げてしまい、その傷口から水分が入り込むことによって腐食していくのです。また近年ではホイールに色塗装することが流行っていますが、これも同様に腐食していくのです。傷口があればそこから腐食が進みます。しかし、色塗装の場合は、厚めに塗装されているため、腐食が酷くなることはありません。その他の原因で発生するケースがあります。それは、雪国などでまかれる凍結防止剤が悪影響を及ぼす可能性があるのです。また、ブレーキダストに含まれている鉄分を放置しておくと徐々にアルミに浸透して腐食の原因になる場合があるので気をつけましょう。アルミホイールが腐食してしまった場合の補習はかなり難しいのです。腐食は傷口から進行しているためアルミホイール自体を磨き直す必要があるのです。また、磨き直したとしても完全になる保証ができないので、アルミ面を保護するためにクリア塗装をしっかりする必要があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加